朱鷺

2017/04/25
トキ170425-3

漢字で「朱鷺」と書くこの鳥、さて、いったいなんという鳥でしょう…













正解は、「トキ」でした。
トキといったら佐渡(新潟)です。

しかし、鳥インフルエンザなどにより全滅するリスクを考慮し、
現在では、多摩動物公園(東京)、いしかわ動物園、長岡(新潟)、出雲(島根)で
分散飼育されています。
しかし、ほとんどは一般公開されていません。

冒頭の画像は、いしかわ動物園で分散飼育されているトキ。
観察する窓はミラーガラスになっているためトキには人間は見えないようになっています。

いしかわ動物園は、佐渡以外で唯一トキに会える動物園です。

画像は、拡大してトリミングしたもの。
このトキのそばには、もう一羽います。

トキ170425-2

トキの羽は、通常は真っ白です。
朱鷺色というのは、羽を広げたときの内側の色なんだそう。
羽を広げることがなかったので画像はありませんが…

画像で見ると、羽が黒みがかっています。
これは、繁殖期が近いそうです。

トキを見て、第一印象は、
トキって想像してたよりも小さいということ。

全長は、タンチョウが約150センチ、コウノトリが約110センチに対して、
トキは、約75センチです。

タンチョウの半分くらいの大きさなのです。
わたしの見た目、カルガモを少し大きくした感じ。

トキ170425-1

エサを食べてます。

かつて日本でよく見られたという、こういう光景がまた帰ってくる日があるのでしょうか…
現在、佐渡では、放鳥されたトキが、200羽ほど野生で生活しているそうです。

今度は佐渡に野生のトキを見に行きたいものです。

まれに能登にまで出張して来る子がいるようです。
そういう日は、地元紙に大きく記事になります(笑)

いつの日か、また昔のように、日本のどこででも会える鳥になるといいですね。




スポンサーサイト
comment (2) @ いしかわ風景写真

能登の春

2017/03/23
能登170323-1

お彼岸に奥能登に住む主人の実家を訪ねました。

主人の両親に会いに行くのに、肝心の主人は、仕事休めなくなって、
結局また、わたしと子どもたち3人でのドライブになりました。

画像は、途中の富来(とぎ)町の海 
能登の海にも春を感じます。

能登170323-2

リュウキンカも満開 

富来町からさらに海沿いを北上すると、こんな動物たちがお出迎えしてくれました。

能登170323-3

上の画像は、子ヤギ 
他にも、ポニーやダチョウがいました。

能登170323-5

すぐそばは海岸です。
冬は寒そうですが、これからの季節は潮風が気持ちよさそうです。

「しぼりたてヤギミルクアイス」の看板があります。

すぐそばにお店があって、搾りたてヤギミルクアイスが食べられるようになってます。
…が、わたしも子どもたちも食べてません(笑)

能登170323-4

ヤギミルクアイスは300円、ヤギのおやつは100円だそうです。
あと、ポニーはバイクの発進音に驚くそうなので、静かに発進して欲しいそうです。

能登の海を眺めていたら、少しモヤモヤしていたこころが洗われていくように感じました。

美しい自然のパワーはすごいです 

先日少し体調崩した両親も、とても元気そうで安心しました。
また少し成長した孫の顔を見て嬉しそうでした。

子どもたちの春休み、仕事にプライベートに全力投球のわたくし…






comment (8) @ いしかわ風景写真

ハクチョウ

2017/02/18
ハクチョウ170218-4

今朝、かほく市にあるショッピングモールに行く途中、
田んぼの中に白い点々とした物体を発見。

初めは、まだらになって雪が残っているのかと思い、
なんでここだけ雪が点々と残っているのだろう?って思って見ていたら、なんと動くではないか 

少し近づいてみるて、それがハクチョウだということに気がつきました。

石川県内でも、加賀の方の潟(湖)にハクチョウが飛来することは聞いていましたが、
こんな身近なところで見れるなんてびっくり!

あとで調べたら、毎年のようにここに飛来するそう 

少し離れた場所からそっと見守りながら望遠で写真を撮ってみました。
わたしのコンデジの望遠は、これが精一杯です。
もっと性能がいいカメラ欲しい… 

とはいえ、近ごろスマホのカメラばかりで画像撮っていて、
たまたまコンデジ持ってたことだけでもすごかったかも?(笑)

画像あんまり綺麗ではありませんが…

ハクチョウ170218-1

何かをついばんでいます。


ハクチョウ170218-2

一生懸命、羽を取り繕っています。
休息しながら、次の目的地への旅立ちの準備でしょうか…


ハクチョウ170218-3

こんな光景を目の当たりにしたのは初めてだったので、ちょっと興奮してしまいました 

首をまっすぐにのばした白鳥の姿を見てたら、
かつてフィギュアスケートで活躍していた中野友加里さんの、
片手をしなやかに上に伸ばしたドーナツスピンを思い出しました。

フィギュアといえば、現在、四大陸選手権の真っ只中ですね。

がんばれ、ニッポン!!




comment (9) @ いしかわ風景写真

能登さくら駅

2016/03/30
能登さくら駅160330-1

桜前線も、ちょうど北陸地方を通過しています 

福井県は一昨日(?)、石川県でも加賀地方は昨日、そして金沢を通り越して、
富山市でも昨日、桜の開花宣言がありました。

金沢の開花予想日は明日ですが、市内でも桜のつぼみが開き始め、開花宣言も秒読みになってきました。
例年、学校の入学式に咲き始める金沢の桜も、今年は入学式が満開の頃かもしれません。

昨日、息子くんと、能登の方へ行って来ました。
冒頭の画像は、石川県内でも開花が遅い、能登の桜の様子。

まだつぼみはかたいです。

この場所は、能登で桜の名所となっている能登鹿島駅で、通称、能登さくら駅と呼ばれているところです。
1~2週間ほど時期がずれていたら綺麗な頃だったのかもしれません。

この駅で電車を降りるとこんな風景を眺めることができます。

能登さくら駅160330-2

目の前に、静かな七尾湾(ななおわん)が広がります。
県内で、海にもっとも近い駅かもしれません。

構内にはこんな老木もあります。

能登さくら駅160330-3

ふたりで手をつないでもかかえきれないくらいの幹です。
さわるとパワーが伝わってきそうです。

そしてこちらは七尾湾の景色。

七尾湾160330

静かな海で、かきの養殖がさかんです。
山林に囲まれた海なので、豊富な栄養素が河川を通じて海に流れ出し、
プランクトンが増え、かきがよく育つのだそうです。

七尾湾に面した国道は、「かき街道」と呼ばれていて「焼きかき」ののぼり旗がよく目につきます。
能登かき街道マップ(外部サイト)


金沢に帰って来て、桜を見てみました。

さくら160330

冒頭の能登の桜に比べるとやはりつぼみは膨らんでいます。
この桜は、高台にある奥卯辰山公園の桜で、金沢市内でもちょっと遅い桜です。

高台に上る途中はちらほら開花が始まっていました。

北陸にもいよいよ本格的な春がやって来ました 




comment (6) @ いしかわ風景写真

激寒、のと里山海道

2016/01/26
日本海160126

数十年に一度の大寒波の日、激寒の能登へ行って参りました。
数十年に一度の大寒波といっても、わたしの住む金沢は、どういうわけか、平和な一日だったようです(謎)

冒頭の画像は、荒れ狂う、日本海。

能登に行くには、「のと里山海道」という自動車専用道路を通ります。
画像の日本海は、のと里山海道に入ってすぐに見えてくる光景。

さて、このときはまだ、この先に何が待っているのか知る由もなし…

のと里山海道160126-1

雪景色の美しい景色が続きます。


…が、途中から、吹雪が強くなってきます。



のと里山海道160126-2

まだ、50メートルほど先の車は、かろうじて見ることができます。
道路のアスファルトも少し見えてます。

どんどん進んでいくと…

のと里山海道160126-3

吹雪が少し止んだとき、路面を見ると、もうどこがセンターラインで、
両端も、どこまでが車が通った場所かわかりません 

新雪に踏み込むと、たちまち身動きできなくなります。
他の車が通った轍(わだち)を確認しながら慎重に進みます。

道路の端に赤白ポールが立ってます。
上の画像は見にくいので、こちら。
   ↓

のと里山海道160126-4

この赤白ポールは、ホワイトアウトになったときの命綱です。
ホワイトアウトになったら、このポールをたどるように進んでいきます。
見失ったら大変です。

除雪車160126

除雪車も頑張ってます。
時速40キロほどで除雪していきます。
意外に早いのにビックリ!

のと里山海道の終点を降りたところはこんな感じ。

終点160126

ここから最後の山を越えなければなりません…
途中まで行ってみたけど…
まったく前が見えません 

そのまま行くか断念するか、戸惑う間にも、雪はどんどん積もっていきます。
こんな吹雪のときは、立ち止まるのはもっとも危険です。

もし、山を越えても、帰る自信がなかったので断念して引き返してきました。


数十年に一度の大寒波、危険ではあったけど、
金沢にいたら体験できなかった、ほんとうに貴重な体験をしました。

ちなみに、行き帰り、6件の事故を目撃しました。

この頃では、降らないところにも雪が降るようです。
雪は怖いです。
どうぞ、1センチの雪でも気をつけて運転してください。


※ ホワイトアウト時は、目が離せなかったので、画像は撮っていません。



comment (2) @ いしかわ風景写真

橋立漁港(はしたてぎょこう)

2015/12/23
橋立漁港151223-1

先日のお天気よかった日曜日、加賀市の方へドライブに行ってきました 
画像は、加賀市橋立漁港の風景。

小さな小さな漁港です。
ここから、赤と白の灯台の間を抜けて大海原へ漁にでます。

陸にあげられた船に近づいてみると…

橋立漁港151223-2

こんな風になってます。
わたしは、山育ちなので海のことはわかりません。
満潮になったら、浮かぶのでしょうか…?(謎)

何隻もの船が、こんな風に並んでます。

橋立漁港151223-3

画像の左側を歩いていくと、陸に入り組んだところがあります。

橋立漁港151223-4

船のパーキングみたい場所があります。
ため池のような場所ですが、ちゃんと海につながってます。

橋立漁港は小さな漁港ですが、ズワイガニや甘エビの水揚げで有名な漁港でもあります。
他にもさまざまなお魚が水揚げされます。

特集 橋立港「底引網漁」(外部サイト)

さて、加賀市にはもうひとつ見どころがあります。

白山151223

これは、石川県と岐阜県の県境にある白山。
富士山ほど高い山ではありませんが、石川県内から見えるいちばん高い山です。
富士山・立山とともに、日本三霊山のひとつです。

石川県内では、ここ加賀市から見る白山がいちばん美しいとわたしは思います。
撮った画像をそのままお見せしたかったのですが、
画像の下の方に、ヤ○○電機が写ってしまったので、トリミングしてあります 

今週末から雪マークの金沢です。
たぶん今年最後の、快晴の1日でした 




comment (5) @ いしかわ風景写真

宝達山(ほうだつさん)

2015/12/05
宝達山151205-1

石川県と富山県の県境に、宝達山という山があります。
山頂は、宝達志水町(ほうだつしみずちょう)にあって、能登ではいちばん標高の高い山です。
いちばん高い山といっても、標高は、637.1メートルです。

ピンとくる人もいるかもしれませんが、ちょうど東京スカイツリーと同じくらいの高さです。

東京スカイツリーのてっぺんくらいの高さのところに小さなお社があります。
冒頭の画像は、そのお社 
ここは車でもこれますが、登山もできるので登ってきたひとがお参りしていく姿も見かけます。

宝達山151205-2

お社のすぐそばから、日本海まで望むことができます。

宝達山151205-3

…が、この日はかすんで、どこまでが陸でどこからが海と空なのかよくわかりませんでした。

わたしは、極度の高所恐怖症です 

東京スカイツリーだったら、怖くて景色を楽しめそうもありませんが、
同じ高さでも、ここなら大丈夫です(笑)

※ 画像は、ひと月ほど前のもの






comment (4) @ いしかわ風景写真

木場潟(きばがた)公園

2015/11/24
木場潟151124-1

昨日のメタセコイヤの並木を歩いていくと、潟の湖面が見えてきます。
周囲6.4キロの木場潟です。
周囲は、サイクリングやウォーキングを楽しむことができます。

この木場潟は、カヌーの練習場として利用されています。
カヌーの競技大会も開催されたりしているようです。

木場潟151124-2

カヌーがたくさんあります。

カヌー151124

素人のわたしが乗ったらひっくり返りそうです(笑)


散歩してたらこんな場所を発見しました。

クレソン151124-3

潟の水をくみ上げているのでしょうか…(謎)
後ろの畑に水を送っています。

さて、何畑でしょう?
正解は…







クレソン151124-2

クレソン畑でした 
畑というより水田のようです。
こんなクレソン畑がいくつもありました。

しかも、このクレソン…

クレソン151124-1

誰でもお持ち帰りできるそうです。
ただし、根はお持ち帰りできません(笑)

石川県小松(こまつ)市にある、のどかなのどかな公園でした。 


特にオチがあるわけではないけれど、
今日もここまでお付き合いしてくださり、ありがとうございました 


comment (4) @ いしかわ風景写真

千里浜海岸

2015/10/19
千里浜151018-2

わたしの住む石川県に、千里浜(ちりはま)という海岸があります。
金沢市と奥能登のちょうど中間くらいにある羽咋(はくい)市にある海岸です。

この海岸は世界的にも珍しい海岸です。
現在わかっているだけで、世界に3か所こういう海岸があるそうです。

砂の粒がとても細かいので、どんな車でも、波打ち際をドライブすることができます。
自転車もスイスイ走れるのでレンタサイクルもあります。
(天候によって通行規制あり)

このような砂の性質を利用して、10月いっぱいまではこんなこともやってます。

     千里浜151018-3

こんな砂像がいくつか並んでいました。

千里浜151018-1

千里浜151018-5

雨で崩れることがないのか心配です。

ここにいると、美味しそうな磯の香りがしてきます。
香りに誘われて行くと…

千里浜151018-4

日本海を眺めながら、観光客の方が美味しそうに焼き貝を食べていました。

こうやって眺めると、わたしが子どものころに比べて、波打ち際までの距離がかなり短くなっているのを感じます。
今では、浜茶屋さんのすぐそばがもう海です。
昔は広い広い砂浜だったのに…

波による浸食だけでなく、温暖化による海面上昇の影響もあるような気がしてなりません。

昨日の金沢は、日中、汗ばむくらいの暖かさでした。
絶好の行楽日和でした。


千里浜海岸のことは、こちらをクリック  渚をドライブ



comment (3) @ いしかわ風景写真

少し高台より

2015/09/21
日本海150921

今日は、シルバーウィーク中唯一の休みでした。(←わたしが)
土曜日から仕事が終わっても、どこにも行かずTVで旅番組ばかり見ていたわたし…
TVで行った気分になったのは、北海道・金沢(地元ですが)・軽井沢・日光などなど。

今日はせっかくの休み、午後になってから、海でも見に行こうと海の近くの公園に行って来ました。
画像は内灘町総合公園にある展望台…の途中から見た日本海。
展望台のいちばん上まで登ればもっとキレイな日本海を望めるのだろうけど、
高所恐怖症のわたしはここまでが精一杯です 

この展望台、日本海の反対側に、河北潟(かほくがた)を望むことができます。

河北潟150921

こちらも、展望台途中からの画像なので潟の全貌がわかりませんが… 
そして、日本海と河北潟に挟まれたこのあたり一帯は内灘砂丘が広がっています。

ただ、今日では鳥取砂丘のような砂丘は見当たりません。
道路があったり植林されていたり、スプリンクラーを利用した農地が広がっているので、
砂丘だとは気がつきにくいかもしれません。

明日・あさっては、仕事が終わったら、菜園しながら家でのんびりしてます。


comment (2) @ いしかわ風景写真