桜前線北上中

2018/04/07
能登さくら駅180407-3

つい先日金沢の開花宣言があったと思ったら、もう散り始めているそう。
桜の散り際になると必ずこの詩を思い出します。

花の色は うつりにけりな いたづらに  わが身世にふる ながめせしまに

画像は、能登にある桜の名所、「能登鹿島駅(能登さくら駅)」

能登さくら駅180407-1

プラットホームの両脇には、桜の木が並びます。
普段静かなこの無人駅も、この時期だけはにぎわいます。
(ひとが写っていない画像を選んでアップしてあります)

今年は桜の開花が早すぎて、訪れたときにはまだ雪洞(ぼんぼり)が設置されていませんでした。
今日現在は、雪洞が並んでいると思います。

そしてこの駅は、海岸線の長い石川県の中で、おそらくもっとも海に近い駅です。

能登さくら駅180407-2

プラットホームから桜の向こうに見えるのは静かな七尾湾です。
海の向こうにかすかに見えるのは、能登島。

ゆっくりゆっくりときが流れているように錯覚します…






スポンサーサイト
comment (12) @ いしかわ風景写真

邑知潟(おうちがた)

2018/03/03
邑知潟180303-2

石川県羽咋市に、冬のあいだコハクチョウが飛来するという邑知潟というところがあります。
石川県に住んでいますが、じつは訪れたのは初めてです。

先月終わりから、もう北帰行始まっていると聞いたので、
会えるかどうかわからないけど訪れてみました。

ぐるっと見渡したけど、コハクチョウは見当たりません。
周辺の田んぼにも姿はありませんでした。

群れで生活するらしいので、広いどこかにまだいるのか?

邑知潟180303-1

点々と見えるのはカモさんです。

冬のあいだ厚い雲に覆われていた北陸地方も、
だんだんと晴れの時間が長くなってきました。

春を感じさせる優しい陽光が潟を照らしています。
豪雪だった今年の冬も終わりを告げようとしています。

コハクチョウ見れなかったけど、
去年かほく市で見た画像を載せておきます。

ハクチョウ170218-3





comment (8) @ いしかわ風景写真

氷点下の産物

2018/01/27
街路樹180127

今日みつけた、ツララで覆われた街路樹。

道路の消雪装置によってまかれた水が
走る車によって道路わきの街路樹にかかってできた
人工的な?しぶき氷もどき。

自然界にできる本物のしぶき氷にはとうてい及びませんが…

しかも、降った雪が少し積もっているので、あまり美しくはありません。
気温が少しあがって、日が当たると綺麗に見えるかもしれません。








comment (2) @ いしかわ風景写真

The HOKURIKU

2017/12/09
冬空171209

このところ、日中1日おきに悪天候、快晴が繰り返されている金沢。
昨日はときおり雪がちらつく寒い1日でしたが、
今日は朝からよいお天気でした。

が、どんなにお天気よくても、夜にはお天気崩れます。

今日は出かけるとき青い空だったのに、
たった1時間ほどして買い物に行って帰ってくるころには、
もう冒頭の画像のように空全体が雲で覆われてしまいました。

画像は午後4時ごろ。

北陸の冬のお天気は分刻みで変わります。

走る車の中から撮ったのでぶれてますが、
冒頭の画像は、わたしの中にある冬の北陸のイメージを象徴しています。

これは、今日の街路樹。

街路樹171209

あとひと月ほどして、雪が降って、消雪装置が作動して、氷点下になると、
この街路樹がこんな感じに…

氷柱の街路樹160301
     
                        ※ 去年の画像より
これはまだ成長が足りないしぶき氷。
これでも、条件が重ならないとお目にかかれません。

寒いのは苦手なのだけど、今年は去年より寒そうなので、
今年はこれよりさらに成長したしぶき氷を撮りたい気持ちもあります。



comment (4) @ いしかわ風景写真

千里浜海岸

2017/10/06
千里浜171006-3

地元石川の千里浜(ちりはま)海岸を車で走ってきました。
この時期、波打ち際を車を走らせると、気持ちいいこと 
ちょっと寒いくらい…

千里浜171006-1

これはわたしの愛車 

千里浜海岸は、波打ち際ギリギリのところでも車を走らせることができます。
海岸を走るとタイヤに砂がつきますが、道路に出ると乾いてすぐに砂は落ちます。

千里浜171006-2

ミニオンを発見しました。
今年、大ブレークですね  




comment (8) @ いしかわ風景写真

ひまわり村

2017/08/05
 暑中お見舞い申し上げます

ひまわり170805-1

わたしの連休最終日、石川郡津幡町(つばたまち)の河北潟干拓地にある、ひまわり村を訪れました。

もうずいぶん前、子どもたちが小さかったときに家族で訪れたことがあるのだけど、
子どもたちも大きくなってそれぞれに予定があるので、今回は、夫婦で訪れてみました。

これからは、こんな時間が増えるのかな…

冒頭の画像、なんだか美人3姉妹みたいです。



ひまわり170805-3

園内は迷路になっていて、こんな道を進んでいくと展望台にたどり着きます。


展望台から眺めると…

ひまわり170805-2

なんだか、コンサート会場で主役になったみたい 
ひまわりさんたちがみんなこっちを向いてます。

こぶしをあげて歌いたくなってきます。


これから夏本番、1日中ギラギラの太陽の日差しを浴びるひまわり。

ひまわり170805-4

みなさま、どうかひまわりさんの真似などなさらぬよう、
外出の際は帽子や日傘、そして水分の携帯を忘れずにくれぐれも熱中症にお気をつけてくださいませ。

もちろん家の中でも、十分にお気をつけて…




comment (10) @ いしかわ風景写真

朱鷺

2017/04/25
トキ170425-3

漢字で「朱鷺」と書くこの鳥、さて、いったいなんという鳥でしょう…













正解は、「トキ」でした。
トキといったら佐渡(新潟)です。

しかし、鳥インフルエンザなどにより全滅するリスクを考慮し、
現在では、多摩動物公園(東京)、いしかわ動物園、長岡(新潟)、出雲(島根)で
分散飼育されています。
しかし、ほとんどは一般公開されていません。

冒頭の画像は、いしかわ動物園で分散飼育されているトキ。
観察する窓はミラーガラスになっているためトキには人間は見えないようになっています。

いしかわ動物園は、佐渡以外で唯一トキに会える動物園です。

画像は、拡大してトリミングしたもの。
このトキのそばには、もう一羽います。

トキ170425-2

トキの羽は、通常は真っ白です。
朱鷺色というのは、羽を広げたときの内側の色なんだそう。
羽を広げることがなかったので画像はありませんが…

画像で見ると、羽が黒みがかっています。
これは、繁殖期が近いそうです。

トキを見て、第一印象は、
トキって想像してたよりも小さいということ。

全長は、タンチョウが約150センチ、コウノトリが約110センチに対して、
トキは、約75センチです。

タンチョウの半分くらいの大きさなのです。
わたしの見た目、カルガモを少し大きくした感じ。

トキ170425-1

エサを食べてます。

かつて日本でよく見られたという、こういう光景がまた帰ってくる日があるのでしょうか…
現在、佐渡では、放鳥されたトキが、200羽ほど野生で生活しているそうです。

今度は佐渡に野生のトキを見に行きたいものです。

まれに能登にまで出張して来る子がいるようです。
そういう日は、地元紙に大きく記事になります(笑)

いつの日か、また昔のように、日本のどこででも会える鳥になるといいですね。




comment (2) @ いしかわ風景写真

能登の春

2017/03/23
能登170323-1

お彼岸に奥能登に住む主人の実家を訪ねました。

主人の両親に会いに行くのに、肝心の主人は、仕事休めなくなって、
結局また、わたしと子どもたち3人でのドライブになりました。

画像は、途中の富来(とぎ)町の海 
能登の海にも春を感じます。

能登170323-2

リュウキンカも満開 

富来町からさらに海沿いを北上すると、こんな動物たちがお出迎えしてくれました。

能登170323-3

上の画像は、子ヤギ 
他にも、ポニーやダチョウがいました。

能登170323-5

すぐそばは海岸です。
冬は寒そうですが、これからの季節は潮風が気持ちよさそうです。

「しぼりたてヤギミルクアイス」の看板があります。

すぐそばにお店があって、搾りたてヤギミルクアイスが食べられるようになってます。
…が、わたしも子どもたちも食べてません(笑)

能登170323-4

ヤギミルクアイスは300円、ヤギのおやつは100円だそうです。
あと、ポニーはバイクの発進音に驚くそうなので、静かに発進して欲しいそうです。

能登の海を眺めていたら、少しモヤモヤしていたこころが洗われていくように感じました。

美しい自然のパワーはすごいです 

先日少し体調崩した両親も、とても元気そうで安心しました。
また少し成長した孫の顔を見て嬉しそうでした。

子どもたちの春休み、仕事にプライベートに全力投球のわたくし…






comment (8) @ いしかわ風景写真

ハクチョウ

2017/02/18
ハクチョウ170218-4

今朝、かほく市にあるショッピングモールに行く途中、
田んぼの中に白い点々とした物体を発見。

初めは、まだらになって雪が残っているのかと思い、
なんでここだけ雪が点々と残っているのだろう?って思って見ていたら、なんと動くではないか 

少し近づいてみるて、それがハクチョウだということに気がつきました。

石川県内でも、加賀の方の潟(湖)にハクチョウが飛来することは聞いていましたが、
こんな身近なところで見れるなんてびっくり!

あとで調べたら、毎年のようにここに飛来するそう 

少し離れた場所からそっと見守りながら望遠で写真を撮ってみました。
わたしのコンデジの望遠は、これが精一杯です。
もっと性能がいいカメラ欲しい… 

とはいえ、近ごろスマホのカメラばかりで画像撮っていて、
たまたまコンデジ持ってたことだけでもすごかったかも?(笑)

画像あんまり綺麗ではありませんが…

ハクチョウ170218-1

何かをついばんでいます。


ハクチョウ170218-2

一生懸命、羽を取り繕っています。
休息しながら、次の目的地への旅立ちの準備でしょうか…


ハクチョウ170218-3

こんな光景を目の当たりにしたのは初めてだったので、ちょっと興奮してしまいました 

首をまっすぐにのばした白鳥の姿を見てたら、
かつてフィギュアスケートで活躍していた中野友加里さんの、
片手をしなやかに上に伸ばしたドーナツスピンを思い出しました。

フィギュアといえば、現在、四大陸選手権の真っ只中ですね。

がんばれ、ニッポン!!




comment (9) @ いしかわ風景写真

能登さくら駅

2016/03/30
能登さくら駅160330-1

桜前線も、ちょうど北陸地方を通過しています 

福井県は一昨日(?)、石川県でも加賀地方は昨日、そして金沢を通り越して、
富山市でも昨日、桜の開花宣言がありました。

金沢の開花予想日は明日ですが、市内でも桜のつぼみが開き始め、開花宣言も秒読みになってきました。
例年、学校の入学式に咲き始める金沢の桜も、今年は入学式が満開の頃かもしれません。

昨日、息子くんと、能登の方へ行って来ました。
冒頭の画像は、石川県内でも開花が遅い、能登の桜の様子。

まだつぼみはかたいです。

この場所は、能登で桜の名所となっている能登鹿島駅で、通称、能登さくら駅と呼ばれているところです。
1~2週間ほど時期がずれていたら綺麗な頃だったのかもしれません。

この駅で電車を降りるとこんな風景を眺めることができます。

能登さくら駅160330-2

目の前に、静かな七尾湾(ななおわん)が広がります。
県内で、海にもっとも近い駅かもしれません。

構内にはこんな老木もあります。

能登さくら駅160330-3

ふたりで手をつないでもかかえきれないくらいの幹です。
さわるとパワーが伝わってきそうです。

そしてこちらは七尾湾の景色。

七尾湾160330

静かな海で、かきの養殖がさかんです。
山林に囲まれた海なので、豊富な栄養素が河川を通じて海に流れ出し、
プランクトンが増え、かきがよく育つのだそうです。

七尾湾に面した国道は、「かき街道」と呼ばれていて「焼きかき」ののぼり旗がよく目につきます。
能登かき街道マップ(外部サイト)


金沢に帰って来て、桜を見てみました。

さくら160330

冒頭の能登の桜に比べるとやはりつぼみは膨らんでいます。
この桜は、高台にある奥卯辰山公園の桜で、金沢市内でもちょっと遅い桜です。

高台に上る途中はちらほら開花が始まっていました。

北陸にもいよいよ本格的な春がやって来ました 




comment (6) @ いしかわ風景写真