夕日のアトリエ(福井県)

2018/03/29
夕日のアトリエ180329

だんだんと日も長くなってきました。

北陸自動車道下り線、杉津パーキングエリアの夕日のアトリエより。
小さな小さなパーキングエリアですが、ここから見る夕日は絶景です。

たまたま立ち寄った時間、まさに太陽が敦賀半島に沈む直前でした。

今の季節は敦賀半島に日が沈みますが、
夏になると、向かってもっと右の方、海に沈む夕日を見ることができるそうです。


夕日のアトリエ180329-2

こういう景色を見ると、明日への力が湧いてきます…




スポンサーサイト
comment (8) @ 県外おでかけ

Thanks TOKYO

2018/03/22
東京180322-2

今日は、東京の記事の完結編です。

東京に着いてから、はとバスに乗って、お昼ご飯を食べたら、
午後からは、東京フリーきっぷ(JRと地下鉄1日乗り放題きっぷ)で観光です。

東京から山手線を内回りでほぼ1周しながら見たいところをまわりました。

冒頭の画像は、上野恩賜(おんし)公園の桜。
訪れたときはまだ東京の開花宣言前だったので、
これはソメイヨシノではないのかな…

多くの方が紹介してくれる、不忍池(しのばずのいけ)も見てきました。

東京180322-4

すぐそばに桃色のお花も咲いていました。
これは桜の一種でしょうか…?

東京180322-3

不忍池から少し歩いて、根津神社の千本鳥居も見てきました。

東京180322-5

冬に京都を訪れたときに見た伏見稲荷の千本鳥居のことを思うと規模はぜんぜん違いますが、
まわりの緑も美しく清々しかったです。

まわりはツツジの木だそうで、初夏のツツジの季節になるともっと美しいことでしょう。

ネットで調べたら、山口県にも、元乃隅稲成(もとのすみいなり)神社という千本鳥居がある神社があるそう。
いつか訪れたいな…

東京180322-6

根津神社そばの街路樹のモクレンが咲き始めていました。
もう1週間たっているので、今ごろは満開かな…

浅草寺からは、東京スカイツリーも眺めてきました。

東京180322-1


行ったところすべてを紹介できませんが、
午後からは、

雷門・浅草寺、上野恩賜公園・不忍池、根津神社、東京ドーム、
新国立競技場、渋谷ハチ公・渋谷駅前スクランブル交差点を見てきました。

山手線は内回りでほぼ1周、そのほかお世話になった路線は、
銀座線、千代田線、丸ノ内線、大江戸線、JR中央線、

改札を通った駅は、
東京、上野、西日暮里、池袋、新宿、渋谷、品川、浅草、根津、後楽園、水道橋、千駄ヶ谷、国立競技場、

東京フリーきっぷ1590円、もとはとれたかな?

わたしは、次の日仕事だったので夕方東京駅で別れて子どもよりも早く帰りましたが、
はとバスのオープンカーにも乗ったし、
滞在時間約8時間、ほんとうにたくさんのところを見ることができました。

帰ってきてから、TV見ていたら、子どもが、
「あーー!ここ行ったところやーーー!(金沢弁)」
を連発。

今回東京観光して思ったこと。

子どもが高校生くらいになったら、一度はニッポンの首都を見せる価値はあるなと。

ニュース、情報番組のインタビュー、ドラマの風景など、
一度東京を見て知ってるところが写ると関心もまた違ってきますね。

1日ではとてもまわりきれなかった東京。

今までにいろんな都市を訪れたけど、
東京は、観光案内がとても充実していてわかりやすかったような気がします。

東京のイメージもずいぶん変わりました。

ありがとう、楽しかったよ東京。
また来るね東京…

記事、最後まで読んだくださった方、ありがとう。

(完)






comment (4) @ 県外おでかけ

'OSolamio(オーソラミオ)

2018/03/21
はとバス180321-2

冒頭の景色はどこから撮影したものでしょう?





これは、東京駅に着いてからすぐに乗車した、はとバスのシートから見上げてとった画像。


はとバスといっても、屋根がないオープンカーです。

はとバス180321-1

乗車した日は、20℃を超えるぽかぽか陽気だったから気持ちよかったこと。
花粉がなかったらもっと最高だったけど。

はとバスのオープンカーは、30分毎に東京駅を発車しています。
1時間のコースで、

日比谷公園 = 霞ヶ関 = 国会議事堂 = 虎ノ門ヒルズ= 東京タワー = レインボーブリッジ =
お台場 = 勝鬨橋 = 築地 = 歌舞伎座 = 銀座

と、途中下車なしですが短時間で効率よくたくさんのところを見ることができ、
お値段もおひとり様1800円と大変お手頃価格です。

はとバス180321-3

東京タワーは、絶好の撮影スポットで止まってくれます。

はとバス180321-5

レインボーブリッジも通ります。
屋根がないので気持ちよかったこと!
景色も最高です。

はとバス180321-4

東京駅に戻ってきたころは、大満足でした。

ただ、シートがとても狭かったです。
寒いときや、視界が悪いときはオススメできないかもしれません。

東京を訪れることがあったら、一度は乗車してみるといいかもしれません。

はとバス → 2階建てオープンバス'OSolamio(オーソラミオ)












comment (-) @ 県外おでかけ

2020の槌音(つちおと)響く

2018/03/19
新国立競技場180319-1

2020年東京オリンピックの開会式の会場予定となっている新国立競技場の建設現場に足を運んで来ました。
現在、たくさんのクレーンがそびえたち、建設が進んでおります。

新国立競技場180319-2

毎日少しづつ出来上がって行くのでしょうね。


晴海地区に建設中の選手村も「はとバス」のオープンカーから見てきました。
あと2年でちゃんと完成するのかちょっと心配ですが…

ガイドさんいわく、

晴海選手村180319

2年後には「ここから見る風景」もずいぶん変わっていると思いますので、
オリンピック後にぜひまた見に来てくださいとのこと。

「ここからみる風景」…もしかして、もっと左の方だった…?








comment (-) @ 県外おでかけ

お江戸

2018/03/16
浅草寺180316-1

子どもにニッポンの首都を見せたくて、
仕事の合間を縫ってお江戸に行って参りました。

日帰りできるようになったのも、新幹線のおかげです。

今はおよそ2時間半で東京につきますが、
20年ほど前、長岡で乗り換えしていたころは、
2時間半でまだ日本海側の長岡にさえついてなかったような気がします。

浅草の浅草寺の枝垂桜は、花が咲き始めておりました。

枝垂桜180316-2

たくさんのところを見て回ったので、今回はまったく食べ歩きせず。
そのかわり、密度の濃い1日となりました。

この続きはまた次回。

お江戸の記事完結するまでコメントお休みします。




comment (-) @ 県外おでかけ

京都鉄道博物館にて

2018/01/18
500系新幹線180118-1

大雪で、長らく鉄道博物館の記事のアップが遅れてしまいました(^^;

京都鉄道博物館で見た懐かしい車両…

今は山陽新幹線で見ることができるのでしょうか??
かつては日本の大動脈、東京―大阪間も走っていた500系新幹線「のぞみ」。

このカワセミのくちばしような顔、初めてこの車両を知ったとき、
とても衝撃を受けたのを覚えています。

すごい新幹線が登場したなぁ!! と。

当時この新幹線に乗るために、わざわざ名古屋で乗り換えて
東京に行ったことがあります。

鉄道好きの息子は、小さすぎて覚えていませんが、
じつは彼もこの車両に乗車したことあります。

それにしても、こんなにカッコいい新幹線なのに…

この新幹線は息が短かったような。
知らぬ間に姿を消していたような。

よく見ると…

500系新幹線180118-2

この車両は、JR西日本の車両だったんですね。

息子いわく、JR西の車両だから、他の鉄道博物館では見れないのだとか。
500系新幹線に再会したい方は、ぜひ、京都鉄道博物館へ(笑)

ちなみに、京都鉄道博物館の入場券を持っていると、
当日のみ、京都駅内のほとんどの飲食店で割り引きなどのサービスが受けられます。







comment (2) @ 県外おでかけ

京都

2018/01/06
京都180106

年末年始頑張った自分のご褒美に、連休がとれたので、
子どもと日帰りで京都に行って来ました。

金沢から日帰りで行くところというと限られて来ます。
寒いところに住んでいるので、少しでも青い空が見えるところと思い、
前日までに、京都か名古屋に絞り、当日朝に京都に決定したのだけど…

京都も特別寒い日だったようで、
空を見る限り金沢で日ごろ見ている空と変わり映えしない1日でした。

画像は、京都鉄道博物館の屋上から眺めた景色、新幹線と東寺の五重塔。

これまでに訪れた鉄道関係の博物館は、4つ。
九州鉄道記念館・大阪交通博物館(2014年閉館)・リニア鉄道館・碓氷峠鉄道文化村。

今回の京都鉄道博物館で5つ目になりました。
次回は、大宮の鉄道博物館に行って記録のばさなきゃ(笑)

断っておきますが、わたしは鉄女ではありません(笑)
むかし乗車した車両は懐かしいですが、鉄道のことはわかりません…

京都鉄道博物館でも、ちょっと懐かしい車両に会うことができました。
続きは次回…




comment (10) @ 県外おでかけ

妙高戸隠連山国立公園(長野県・新潟県)

2017/10/26
妙高戸隠171026-1

ぎっくり腰で静養中なので、おとなしくパソコンの前に座っています。
同じ格好をしていると腰が固まってよけいに具合が悪いので、
負担をかけずに適度に動いております。

今日は、夏休み、子どもたちとなかなか見れない光景を目にしたのでアップしてみました。
冒頭の画像は、長野県と新潟県の県境にある、妙高戸隠連山国立公園の長野県側の登り口。

ここから山を越えると新潟県に入ることができます。

山に登るときは、よく晴れいています。
山頂まではずっとこんな空でした。
峠を越えて新潟県側に入って少し行くと…





妙高戸隠171026-2

手が届きそうなところに雲海が広がっていました。
山の反対側は雲・雲・雲です。

でも、後ろ(長野県側)は晴れています。

妙高戸隠171026-3

雲に手が届きそうです。
上を歩けそうなくらい…
しばし、感動の連続です。

でも、ここから新潟県側に降りるときは、この雲の中を通らなくてはなりません。
美しいのはここまで。

妙高戸隠171026-4

下りはひたすらこんな道を通ります。

高い山々が、太平洋側と日本海側の気候を大きく分けるのが分かる気がしました。
そして、山は美しくもあるけれど、怖いとも思いました。






comment (6) @ 県外おでかけ

琵琶湖・続編

2017/09/07
琵琶湖大橋170907

今回は前回の続き。

画像は、琵琶湖大橋。
湖なので、海とは違いほんとうに静かです。

この橋、画像手前(大津市側)から向う(守山市側)に渡るときの、
追い越し車線610mはメロディロードになってます。
どんなメロディが聞けるかと、耳を澄ましているうちに610m過ぎてしまったのが
とっても残念…(^^;)

橋を渡ったら、今度は琵琶湖の東を通って彦根に向かいます。

せっかく滋賀に来たのでひこにゃんに会いに行きました。

彦根城170907

画像は彦根城。

画像に写っているひこにゃんは、記念撮影用のもの。
ひこにゃんと写るお城がとても可愛く見えるのは気のせい?

彦根についたのが午後3時を過ぎていたのだけど、
ひこにゃんは3時までしかお城いなかたったそうで、会えませんでした。

彦根城をあとにして車を走らせると…

東海道新幹線170907

新幹線が走っているのが見えました。
東海道新幹線が見えると、遠いところまで来たなぁと実感します。

今回の旅の足取り。

琵琶湖マップ170908

木之本ICから時計と反対回りに米原ICまで。
びわ湖バレイはロープウェイに乗りましたが、
山頂からの視界不良でびわ湖を一望することはできませんでした。
(涼を満喫)
またリベンジしに来たいな…

金沢から行って帰って走行距離497キロ。

琵琶湖はとても大きかったです 

さて次はどこへ行こうか…





comment (4) @ 県外おでかけ

琵琶湖

2017/09/06
琵琶湖170906-2

子どもたちといろいろ遠出をしたり、主人の入院などいろいろなことがあって、
しばらくブログを留守にしておりました。

やっと少し落ち着いたのでブログの方もぼちぼちと更新していこうと思います。

もうかなり前のような気もしますが先日子どもと琵琶湖に行ってきたので画像をアップします。

冒頭の画像は、白髭神社の鳥居。
近江の厳島とも言われているそう。
後ろに浮かぶ島は沖島。

電車の窓からしか眺めたことがなかった琵琶湖。
近くでみると美しいこと。

琵琶湖170906-1

砂が白くて沖縄のビーチみたい。
空が青かったらもっと美しいだろうな…

北陸だと、福井県の水晶浜を思い出します。

ところで、琵琶湖と淡路島、面積はほとんど同じくらいだそう。
そう思うと、淡路島ってとても大きな島なんだな…って思いました。

次回は、琵琶湖大橋。

いつも足を運んでくださってありがとうございます。




comment (4) @ 県外おでかけ