酸辣湯麵(サンラータンメン)

2018/05/06
酸辣湯麵180506

最近よく作るわたしの昼食、酸辣湯麺。

午後仕事から帰ってきて遅い昼食を食べるとき、
これは卵さえあればすぐ作れるので重宝します。

袋麺(酸辣湯麺)のスープの素を使えば、
素人のわたしでも、溶き卵がふんわりと仕上がります。

最近は、ネギよりもミツバを入れるのがマイブームになってます。
辛いから冬はいいのだけど、これからの季節は汗かきそうです(^^;

やっとGWが終わりました。

今年は家族の誰かしらが仕事やバイトに出かけていたのでどこにも行かなかったけど、
わたしは、7日中、3日も休みがもらえたし、のんびりしたGWを過ごすことができました。

明日からまた頑張りましょ!!




スポンサーサイト
comment (7) @ 料理

メリークリスマス

2017/12/25
カプレーゼ171224

1年でいちばん慌ただしい時期になりました。
毎年この時期、たおれず無事に新年を迎えることができるかな…
と、いつも思います。

昨日、家族が揃った夕食、仕事が終わってから頑張って作りました。

といっても、切ってのせるだけの料理ですが (^^;

カプレーゼもどき。
切るだけの料理なので、最近よく食卓に登場します。
クリスマスらしく、盛りつけてみました。

そして、もう1品はピザ。

ピザ171224

ほんとうは、ピザ生地から作りたかったけど、時間がなくて断念。
買ったピザ生地に材料をのせたのを2枚焼きました。

あとは、ポタージュとケーキ。
鶏があればなおよかったけど、買いに行けずじまいになりました。

それでも、少しはクリスマスらしくなったかな。

これが家族そろっての今年最後の食事かな…

残り最後の1週間、家族みなのライフスタイルがまったく違うので、
作り置きのお惣菜を冷蔵庫にたくさん詰めておいて、
各自が勝手に食べるスタイルに変わります。

家族それぞれが、仕事やアルバイト、自分のことに精一杯の1週間になります。








comment (-) @ 料理

蓮根汁

2017/11/30
蓮根汁171130

暖かかった昨日・一昨日のことを思うと、今日は気温がぐっと下がりました。
こんな日に食べたい一品、蓮根汁。

作り方はいたって簡単。

だし汁の中にすりおろした蓮根を入れて火にかけ、
沸騰してきたら火を弱めて、お好みのとろみがつくまでお玉で混ぜて火を止めます。
火が強いと焦げちゃうので要注意。

火を止めて味噌をくわえ、お椀にもったらみつ葉を添えて出来上がり。
この時期の蓮根は、とくにでんぷん質が多いので体が温まることまちがいなし。
体調不良のお子さまにもおなかに優しい一品です。

産地によってはとろみがつきにくい蓮根もあります。
それはそれで、さらっとみぞれ汁のようになって美味しいです。

我が家の子どもたちが大好きな一品です。


comment (10) @ 料理

ブルーベリー食パン

2017/10/20
ブルーベリーパン171020

夏のあいだ収穫して冷凍保存してあったブルーベリーを使って、
ブルーベリー食パンを作ってみました 



まず、冷凍してあったブルーペリーでドライブルーベリーを作ります。

ブルーベリー171020

天日干ししたいところだけど、てっとりばやくオーブンを使います。
天板にブルーベリーをのせて、100℃に予熱したガスオーブンで、
90分ほど加熱してゆっくりと乾燥させます。

すると…

ドライブルーベリー171020

こんな感じになります。
さらに冷蔵庫に1~2日おくといい感じのドライブルーベリーができあがります。

できあがったブルーベリーをパン生地に練り込んで焼き上げます。

わたしは、このパンに、クリームチーズを塗って食べるのがお気に入りです 

庭で収穫したブルーベリーで作った自家製のパンが朝の食卓に登場すると、
幸せ度がアップします 


今年は、まだまだブルーベリーが残ってます。
次は何を作ろうか…




comment (12) @ 料理

食欲の秋

2017/10/04
塩麹さつまいもご飯171004

昨日くらいから、急に涼しくなって来ました。
そろそろ温かい夕食が恋しい季節になりました。

今日は秋らしく、地元金沢産・五郎島金時(ごろうじまきんとき)を使って、
さつまいもご飯を作ってみました。

炊きあがってそっと混ぜたつもりだけど、
お芋がだいぶんつぶれちゃいました 

つぶれやすいのは、五郎島金時の特徴からかもしれません。
ホクホク感のあるお芋です。


レシピは、こちらを参考にさせていただきました。

Cpicon 塩麹さつまいもご飯 by yaburie


寒くなる季節ではありますが、食べ物がいちばん美味しい季節でもあります 



comment (2) @ 料理

シソの実

2017/09/27
シソの実170927-1

庭の花紫蘇がどんどん穂紫蘇に変わってきています 

今日は、比較的大きく育った穂を収穫して、
水で洗って乾かして画像のように実を穂からしごいて保存容器に集めました。

去年は、穂先に虫が糸を張って綺麗な実がほとんどなかったのだけど、
今年はほとんど虫もつかず、とても綺麗な実を収穫できました 

毎年、こんな綺麗な実が収穫できればいいのに…

先日から、しらすをかけたごはんに、収穫したてのシソの実をかけて、
ちょこっとお醤油をかけて食べるのにハマってしまったので、
前にお友達に教えてもらった醤油漬けを作ってみました。

シソの実170927-2

生の実を漬けたけど、さっと熱湯をかけたのを漬ければよかったかなぁ…?

できたシソの実の醤油漬けとしらすをごはんに混ぜておにぎり作るのが楽しみぃ~ 




comment (4) @ 料理

夏休みも終盤

2017/08/26
夕食170826

近ごろ、家族の誰かしら夏休みで、慌ただしい毎日を送っていました。
そのため、毎年のことではありますが、この時期お疲れモードになるわたし…

正直、もう、ご飯も作りたくないです 

夏休み、あとひと頑張りするために、今日は奮発してうなぎのかば焼きを買って来ました 

奮発しても、4人で分けると、ほんのちょっとというのが悲しい ( ノД`)
子どもたちにお腹いっぱいうなぎ食べさせてあげたいけど…(親心)

画像は、愛知県産のうなぎのかば焼き一尾を4等分してご飯にのせたもの。
ちなみに、金沢のうなぎのかば焼きは、関東風の背開きで、焼きは蒸しが入らない関西風が多いです。
いいところは全部子どもたちにあげたので、親はちっこいの。

最近、時間に追われて記事もなかなか更新できないので、
今日は、夕食の画像をアップしておきます 




comment (6) @ 料理

ワイルドストロベリージャム

2017/07/28
ワイルドストロベリー170728

毎年恒例の記事ですが、ワイルドストロベリーのジャムで。

カットしたバナナにプレーンヨーグルトをかけ、
さらにワイルドストロベリーのジャムをかけました。

普通のイチゴのジャムよりも色が濃いです。





comment (6) @ 料理

自家製を楽しむ

2017/07/27
ワイルドストロベリー170727

ワイルドストロベリーが少したまったので今朝はジャムを作りました 

深皿に実とグラニュー糖を入れ、レンジで2分(生の場合1分ほど)加熱します。
一度取り出してレモン果汁を少し入れて混ぜ、さらにレンジで30秒加熱すると…

ジャム170727-1

こんな感じになります。
すぐに食べるときは皿ごと氷水で冷やします。
少しイチゴの形が残ってますが、さらに加熱すると形はなくなります。


そして、先日収穫が始まったブルベリーは…

スムージー170727

バナナとヨーグルトと水少々を加え、ジューサーでブレンド 

そして、忘れてはいけないのは、自家製のフランスパン 

フランスパン170727

わたしは、どちらかというと、甘くないハードなパンが好きです。


家のとなりに小さな畑があって、川や海で魚を釣って、
毎日こんな自家製づくしの生活を送るのが夢だけど、夢だけ見ときます…



comment (6) @ 料理

揚げ物の日

2017/07/13
トビウオのフライ170713

この頃、明るい時間に帰ったことがなかった主人が、
週に1度、定時で帰ってくるようになった。

子どもたちが小さいころは、同居しているのに、
日曜日くらいしか子どもたちと顔を合わせることがなかったし、
その日曜日も顔を合わさない日さえあった。

会社につぶされてしまうのではないかと思った。

少し前まで、こういった働き方は珍しいことではなかったと思う。

ところが、ここ数年、過労死が問題になり、
社会の風潮もあって、
一斉退社だとか、プレ金と騒がれるようになって来た。

また、イクメンという言葉が出てきて、
会社のまわりでも、育児休暇をとるお父さんが、
ちらほら見られるようになった。

少しずつ世の中が変わってきているのを実感します。
子どもたちが小さいころだったら、どんなに助かっていたことか…

主人が週1で定時で帰ってくるようになってから、
その日を、「揚げ物の日」とすることにした。

「揚げ物の日」を作ったら、家族にも変化が現れた。

娘も息子も、その日だけは、早く帰ってくるようになった。
みなアツアツが食べたいのだ。

わたしも、いつも腰の重い夕食の支度だけど、
美味しそうに食べる家族の姿を見たくて、頑張るようになった。

作りたてアツアツの夕食の力とはすごいです 


画像は、わたしの大好きな、トビウオのフライ。
長女がお腹にいたときお姑さんが作ってくれて、初めて食べて感動したおかず。
家族みな、このアツアツのフライが大好き 

そして、子どもたち大好きな鶏のから揚げも。

鶏のからあげ170713





comment (8) @ 料理