お花見・金沢城公園編

2017/04/13
金沢城公園170413-1

今日は、金沢城公園の紹介です。
ぜひ、いっしょに散歩して行ってくださいね。

金沢城公園は、金沢城があった場所で、兼六園とは、かつては、堀で隔てられていました。
現在は、堀は埋め立てられ、お堀通りと呼ばれる通りになっています。

金沢城公園170413-2

兼六園と金沢城公園を結ぶ石川橋から眺めたお堀通りの景色。
桜でいっぱいです 

兼六園から石川橋を渡ったところが、金沢城の入り口、冒頭の画像の石川門の櫓(やぐら)。
白い瓦は、有名な鉛瓦。

さて、金沢城公園は、少し前までは、金沢城址公園でした。
金沢城は天守をもたないお城で本丸はありましたが、火災でお城のほとんどが焼失してしまっていたからです。

本丸があった場所は今…

金沢城公園170413-5

こんな雑木林になってます。
ここに足を運ぶ人はわずかで、ひっそりとしてます。

平成13年に、園内で復元されていた菱櫓・五十間長屋・橋爪門続櫓が完成して、
金沢城址公園から金沢城公園となりました。

金沢城公園170413-3

こちらは、復元された菱櫓。

お堀(内堀)も復元されています。

金沢城公園170413-4

平成13年に復元作業が完了して、まだ15年ほどしか経ってないので、
兼六園の桜に比べると、まだ風格は備わっていませんが、
何十年後、何百年後には、立派な桜になっているかもしれません。

もうすぐこのお堀も、散った桜の花びらでピンク色に染まりそうです。

花の色は うつりにけりな いたづらに わが身世にふる ながめせしまに   小野小町

散り際になると、この歌を思い出します…

ここまで、シリーズにわたってお付き合いしてくださってありがとうございました。
花見が終わったら、いよいよ、菜園の始まりです!



スポンサーサイト
comment (8) @ かなざわ散歩

お花見・兼六園編

2017/04/12
今年の兼六園のお花見の記事は、「花」より「樹」をテーマに紹介しようと思います。
よかったらお付き合いしてくださいね。

兼六園170412-1

冒頭の画像は、大きく幹が裂け、倒れそうになっている介護状態の桜。
裂けた断面は竹で覆われ、倒れそうになっている幹は太い竹でしっかりと支えられています。

それでも、他の桜に負けじと美しい花を咲かせています。

さて、兼六園は石川県では桜の名称となっていますが、
ほとんどは園を囲むように植えられており、園内はけっして桜が多いわけではありません。

しかし、名桜と言われる桜が何本かあります。

兼六園170412-3

これは、「兼六園熊谷桜」。
去年の記事でコメントいただいて知った桜。

幹だけでも芸術作品のようです。
この桜は遅咲きのようです。

兼六園170412-4

まだつぼみかたしです。

そしてこちらは、「兼六園菊桜」。

兼六園170412-2

説明書きが分かるように大きなサイズで載せてみました。
分かりにくいのですが、看板の真後ろに見える、養生されている樹です。

もともとは、京都御所から前田家に贈られた桜なんだそうですが、
1代目は枯死して、これは2代目なんだそう。

ひとつの桜の花に花弁が300枚以上あるそうで、
一般的な菊桜の倍近くの花弁があるそうです。
この兼六園菊桜は国の天然記念物に指定されているそうです。

京都から贈られてきたということは、京都にはたくさんあるのかな…?

この桜も遅咲きのようです…(残念)


兼六園170412-9

こちらは、「旭桜」。
白山のヤマザクラの1種でこちらも遅咲きのようです。

来年は、遅咲きの桜を見に行きたいものです。
今年も行こうと思えば行けるのだけど…(汗)


そして、兼六園に来たからいちおうこの画像を載せておきます。

兼六園170412-8

「ことじ灯篭」です。
桜を入れたかったのですが、松ばかりです。

兼六園170412-5

曲水のわきに植えられた桜が綺麗です。
例年なら5月に咲き始める花菖蒲も、狂い咲きしている株がいくつもありました。

兼六園170412-6

桜と飛行機雲の競演。
月曜日の金沢は、青空広がり暖かく最高の花見日和でした。

金沢城公園の記事もあわせて紹介したかったけど、時間がないのでまた次回…





comment (-) @ かなざわ散歩

お花見

2017/04/10
兼六園170410-2

今年も、兼六園と金沢城公園のお花見に行って来ました。

去年は夜桜を見に行ったのだけど、今年は昼に行ったので、
去年とはまた違う兼六園の景色を見ることができました。

冒頭の画像は、園内から眺めた桜とまだ雪が残る春の山。

そしてこちらは、白い桜??
花と葉が同時に出てますが…

兼六園170410-1

小さな虫が、ずっと蜜を吸ってます。

そして、花見と言ったら花見団子ですが…

納豆餅170410

兼六園に来たら、これを食べたいです。

花見の時期限定の 「納豆餅」 です。
この時期だけ、しかも、ことじ灯篭の前の奇観亭でしか売られていません。

去年、知人に教えてもらって初めて食べてからファンになりました。

お餅の中にねぎ納豆、表面に甘辛いお醤油が塗られて香ばしく焼かれています。
海苔が巻かれているのでとても食べやすいです。

たくさん写真を撮ったので、また次回紹介したいと思います。
今年は、去年とは違う角度から…

ちなみに去年の夜桜の景色はこちらから… 兼六園 2016/04/07 ・ 金沢城公園 2016/04/08

本日、コメントお休みさせていただきます。



comment (-) @ かなざわ散歩

秋晴れ

2016/11/13
兼六園161113-2

今日の金沢は、正午に20℃を超えました。
先週、冬日があったものの、ここ数日穏やかな秋晴れの日が続いています。
明日は、さらに気温があがって23℃の予報。

久しぶりに用事があって兼六園のすぐそばを車で通りました。
桜の葉もだいぶん散ってしまっていました。

兼六園は、お城のように石垣でぐるっと囲まれています。
しかも高台にあるので、高いところは見上げるほど石が積まれています。
画像は園外撮ったもの。

兼六園のすぐそばには金沢城公園があります。
金沢城もまた、全国にあるお城と同じように石垣でぐるっと囲まれています。

この兼六園と金沢城の大量の石。
トラックなどなかった大昔の人たちは、いったいどうやって運んだのでしょう…
エジプトのピラミッドには及ばないだろうけどけど、不思議で不思議でなりません。

過酷な作業だったにちがいありません。

もう雪吊りの作業は終わったのか?
画像に、雪吊りがちょこっと見えます。
冒頭の画像、分かるように画像をいつもより大きくしてみたのだけど…



こちらも同じく園外からの画像。

兼六園161113-1

いつみても美しく手入れされているツツジ。

去年は、11月の終わりに一度真っ白になった金沢。
想定外の寒波に、タイヤ交換を終えた車はほとんどありませんでした。

今年は年内に白くなるかは分かりませんが、
そろそろ早めにタイヤ交換に行ってこようと思います。

タイヤ交換が終わると、冬将軍、いつでもかかって来い!って 一瞬だけ 強気になります。



comment (6) @ かなざわ散歩

金沢城公園

2016/04/08
金沢城公園160406-2

昨日紹介した兼六園のすぐそばには、加賀百万石・前田家のお城、金沢城があります。

画像は、石川門の櫓(やぐら)。
天守閣ではありませんが…

もともとは、5重の天守が存在したそうですが、
1602年、ちょうど関ヶ原の戦いから2年後、落雷による火災で焼失してしまったそうです。
(北陸の冬は、落雷がとても多い気候)

その後、天守は再建されず、二の丸が藩主の居所となりました。
加賀百万石といえど、もしかしたら、参勤交代の莫大な費用を捻出するのに財政も火の車だったのかな…(謎)

戦後は、金沢城があったこの地に、金沢大学の丸の内キャンパスがありましたが、平成に入ってから少しずつ移転し、
古絵図や古文書などをもとに、菱櫓、五十間長屋、橋爪門続櫓が復元され、現在の金沢城公園となりました。

金沢城公園160406-1

城内の見事な桜 
1本の木のように見えますが、2本の木でこの形が作られています。

兼六園内は、桜の木が少なめですが、お城の中は桜がたくさん咲き乱れています。

あまり綺麗に撮れなかったのだけど、お堀の水面にも映る、桜並木。

金沢城公園160407-3

そういえば…

庭のブルーベリーの花が咲き始めました。
スナップエンドウもどんどん伸びて、茎も太くなってきました。

菜園の方も、明日からまた、少しずつ紹介していこうと思います。

 

comment (8) @ かなざわ散歩

兼六園

2016/04/07
長年金沢に住んでいるけれど、灯台下暗しというのでしょうか…
初めて、兼六園の夜桜を見に行って来ました 

ライトアップが午後6時からというので、午後6時過ぎに行ったのだけど…

兼六園160407-1

まだまだ明るい!
画像は、兼六園を囲むように植えられている桜。

中央、光っているのは、大通りの車のブレーキランプ。
ちょうど帰宅の渋滞時間でしょうか…
兼六園は高台にあるので、向うには市街地が見えます。

少し暗くなって…

兼六園160407-2

霞ヶ池(かすみがいけ)と徽軫灯籠(ことじとうろう)です。
この光景は兼六園でもっとも知られている景色です。

よく見ても桜があまりありません(笑)

兼六園は、まわりが桜でぐるっと囲まれていますが、園内には、意外にも桜は少ないのです。
桜よりも、どちらかといえば、松がメインかもしれません…

少しずつ暗くなってきます。

兼六園160407-3

これは、噴水。

霞ヶ池よりも低い場所にあります。
池との高低差を利用した、日本最古の噴水です。
何百年たった現代でも勢いよく水しぶきをあげています。

この時点で、まだ、日が完全に沈んでなかったので、
隣の金沢城公園に寄ってみました。
金沢城公園の記事は、また次の記事で。

そして、完全に日が沈んで、兼六園に戻ってきました。

兼六園160407-4

これは、花見橋から見た桜。
今の時期は桜ですが、もうじき、カキツバタ、サツキ、ツツジが楽しめそうです。
カメラのスキルがないので感動のままお伝えできませんが、水面に映る景色も素晴らしかったです。

兼六園160407-5

見上げると首がつかれそうなくらい高い位置にある桜。
ところどころ苔むした木肌がまた美しいこと。

そしてお土産を買いました。

納豆餅160407

これは、納豆餅、2コ入りで300円。

知人に、ことじとうろうのすぐそばの売店で売ってる納豆餅が、
すごーーーーく美味しいから花見に行ったら絶対食べてみて!
って言われてたので買ってみました。
中に納豆が入っているって聞いたから、聞いた時は、『げげっ…』って思ったんですけどね、

これがまた、めちゃ美味! だったんですわ…

解説しますと、お餅の中にネギ納豆が入っていて、お餅に甘すぎない醤油タレが塗ってあって、
それを香ばしく焼いてのりでまいたもの。
のりでまいてあるので手も汚れないんです。

すごく人気で行列でした。
知らなかった金沢を発見しました(笑)



comment (8) @ かなざわ散歩

こなん水辺公園

2015/12/11
ガマ151211

今週は、お天気がよかったものだから、海の方にある、こなん水辺公園を散歩してきました 
「こなん」というのは、おそらく、河北潟(湖)の南という意味だと思います。

冒頭の画像は、ガマ?のような植物。
水面がキラキラして美しいです 

そしてこちらは、蓮(ハス)畑。

ハス畑151211

冬なのですっかり枯れ果てています。
綺麗な時期に、また見に来なきゃ… 

迷路のような道があります。

オギ151211

ススキに似ていますがススキではありません。
オギ??というのでしょうか??

道の両側にはこんな風景が広がります。

こなん水辺公園151211

さらに歩いていくと、こんな光景を目にしました 

マツ151211

先週の台風並みの暴風雨で飛ばされたのでしょうか…
無残にも根こそぎ倒れています。

そう思うと、我が家のトマトはすごすぎます !!

さて、最後に問題です。
これはいったい何でしょう?

セイタカアワダチソウ151211

正解は…















花が終わった「セイタカアワダチソウ」でした。
簡単すぎました? 




comment (4) @ かなざわ散歩

冬支度始まる

2015/11/05
雪吊り151105

今日の金沢は、20℃を上回りました。
11月なのにポカポカ陽気です 

午前中、用があって娘と街の方に出かけました。
兼六園の前を通ったら、もう冬支度が始まってました。
画像は、繁華街から一番近い入口にある大きな松に施された雪吊り。

北陸地方に降る水分をたっぷり含んだ重たい雪から枝を守るために施されます。
雪吊り作業は、12月中旬まで続きます。

ただ…最近では温暖化で雪吊りが必要なくらい雪は降らないのですが…


そして、金沢市内では、もうひとつの冬支度が始まってます。

市内の幹線道路に設置されている消雪装置の点検作業です。
市内の大通りには雪が降ると水をまいて消雪する装置がついてます。
雪本番に備えて不備がないか、11月に入ると一斉に点検作業が始まります。

一般庶民は、11月の終わりから12月頃、車のタイヤ交換します。
家の前で自分で交換してる人が多いです。

11月の金沢は、あちこちで冬支度の光景を目にします。


シーズンに備えて、インフルエンザの予防接種にも行かなきゃ… 



comment (4) @ かなざわ散歩

バイバイ、今年の桜。

2015/04/26
しだれ桜150426

もうすっかり花が終わっているだろうと期待しないで前を通ったら、
見ごろは過ぎていますが、まだひっそりと咲いていたしだれ桜。

濃いピンク色もすっかり色あせてしまって、若葉もかなり出てきています。
しかし、これはこれでまた満開のときとは違った美しさがあります。

ガラケーで撮ったので、画素が荒いですけど…
カメラ持ってなかったのが残念。

花見のシーズンは、駐車場のこの場所は車でいっぱいで、
このような景色を撮影できることはめったにありません。
必ず、車や人が写ってしまうのです。

現在、北海道を北上中の桜前線も、あと少しで根室にゴールです。
そのころ今度は、沖縄で梅雨前線がスタートを切るころでしょうか…

日本全国、季節はバトンでしっかり繋がっています。



撮影場所 : 卯辰山公園(うたつやまこうえん) 
       春は桜、初夏はサツキや花菖蒲、夜は金沢の夜景が楽しめます 



comment (6) @ かなざわ散歩

陽気に誘われて…

2015/04/22
白いじゅうたん150422

今日は、久しぶりに朝からよいお天気でした 

この陽気に誘われて、ひとりで散歩に行って来ました。
ひとりだけど、お天気がいいので、ちっともさみしくなんかありません 

さて、冒頭の画像は、いったいなんのお花でしょう…

気になる方は、続きを読むをクリックして一緒に散歩してね。

 
comment (0) @ かなざわ散歩