スギゴケ

2017/03/30
杉苔170330

今年も、はや四半期が過ぎようとしています。
昼の仕事に変わってから、1週間が恐ろしく早いこと…

明日の夜の街は、花束を抱えた人が多いかもしれませんね。
そして、週明けからは、真新しいスーツに来た新社会人が目につきそうです。

仕事も人手不足で忙しさMAXだし、
子どもたちが春休みに入ってから、なにかと出かけることが多いし、
毎日昼食を準備しなければならないので、このごろ疲れがたまってきました。

そんなとき庭に出て最近発見したのが、癒しの杉苔(たぶん…) 

他の苔に混じって、ところどころひときわ美しい緑色の苔。
わたしはひそかに苔好き(笑)

上手く撮影できませんが、マクロで撮ってみた画像がこちら。

杉苔170330-2

水槽の中の水草のようです。

銭苔は遠慮したいけど、この苔がグランドカバーになるくらい増えるといいな 






スポンサーサイト
comment (6) @ 日記

今年もこんな光景がみたくて

2017/03/27
昼の仕事に変わって、今月末ではや1年が過ぎようとしています。

夏には足を痛め、仕事も続けられないかと思ったけれど、
整形外科では治らなかったけど、接骨院で腕のよい先生に出会い、
奇跡のように痛みがなくなり、仕事もここまで続けてこれました。

足は、完治したわけではないので、いつまた痛みが出るかいつもハラハラしてるけど、
その後、毎日のストレッチが功を奏してか、今のところ、あの激痛がでることはありません。

こんな状態で、仕事をしながら例年のように菜園を続けることは難しいけれど、
今まで育てた野菜の写真を見ていたら、今年もやっぱり菜園をやりたいなぁ…と思う今日この頃。

苗を植え、少しずつ成長する姿を見ることは、癒しにもなり、自分への励ましにもなりますし、
花が咲いて、実を結んだ時には、大きな感動があります。

そして、収穫したものが食卓にあがり、美味しく食べた瞬間は、幸せな気持ちになります。

今年もまた、そういう体験がしたいのです 

ブルーベリー160713

ブルーベリーは、樹木なので少し手入れをすれば今年もそのまま楽しめそうです。
今年もたくさんの実が収穫できますように。

プランターの野菜は去年の土から変えなくてはいけないので、
今年は足のことを考えると無理せずに、種類を減らして育てようと思います。

収穫を期待して大きなプランターを使うので、作業すると足に負担がかかりすぎるのです 

キュウリ160611

キュウリは上手くいくと、食べきれないほど収穫できるのが魅力的ですが、
年によってはウドンコ病に悩まされます。
 
ナス160714

ナスはキュウリよりも料理の幅があるし収穫期が長いのが魅力的だけど、
これまた年によってはニジュウヤホシテントウやコガネムシに悩まされます。

ミニトマト150628

ミニトマトは、他の野菜よりも断然収穫量が多いし収穫期がナスよりも長いのが魅力的 
病害虫の被害も少ないし、ミニトマトは今年も決定かな…

ピーマン151008

ピーマンは、たいしてお世話しなくても収穫量が多いのが魅力的だけど…カメムシに悩まされるんですよね。

ホウレンソウ160414

収穫したてのホウレンソウ(青菜)はとっても美味しいのだけど、プランターではそんなに収穫量ないし… 

スナップエンドウ150509

スナップエンドウは、春野菜ですね(笑)

ワイルドストロベリー161218-1

そしてワイルドストロベリーは、年中無休なので、そのまま鉢に植えときます(笑)

つい先日まで雪が降っていたのに、
あと1か月ほどしたら、もう苗を植える時期になります。

病害虫のことを考えると、今年はどんな気候になるのか気になります。

いっそのこと、今年は思い切って休耕にして、ミニトマトだけにしようかな…


ブログタイトルの「のんびりらいふ」が近ごろちっとものんびりではなくなって、
更新の頻度も減りつつありますが、ブログもマイペースに更新していこうと思いますので、
どうぞこれからもお付き合いのほどよろしくお願いいたします 




comment (6) @ 日記

能登の春

2017/03/23
能登170323-1

お彼岸に奥能登に住む主人の実家を訪ねました。

主人の両親に会いに行くのに、肝心の主人は、仕事休めなくなって、
結局また、わたしと子どもたち3人でのドライブになりました。

画像は、途中の富来(とぎ)町の海 
能登の海にも春を感じます。

能登170323-2

リュウキンカも満開 

富来町からさらに海沿いを北上すると、こんな動物たちがお出迎えしてくれました。

能登170323-3

上の画像は、子ヤギ 
他にも、ポニーやダチョウがいました。

能登170323-5

すぐそばは海岸です。
冬は寒そうですが、これからの季節は潮風が気持ちよさそうです。

「しぼりたてヤギミルクアイス」の看板があります。

すぐそばにお店があって、搾りたてヤギミルクアイスが食べられるようになってます。
…が、わたしも子どもたちも食べてません(笑)

能登170323-4

ヤギミルクアイスは300円、ヤギのおやつは100円だそうです。
あと、ポニーはバイクの発進音に驚くそうなので、静かに発進して欲しいそうです。

能登の海を眺めていたら、少しモヤモヤしていたこころが洗われていくように感じました。

美しい自然のパワーはすごいです 

先日少し体調崩した両親も、とても元気そうで安心しました。
また少し成長した孫の顔を見て嬉しそうでした。

子どもたちの春休み、仕事にプライベートに全力投球のわたくし…






comment (8) @ いしかわ風景写真

海王丸パーク(富山県射水市)

2017/03/20
海王丸パーク170320-1

所用で富山に出かけたのでついでに富山県射水市(いみずし)にある海王丸パークに寄ってみました。

海王丸パークは、富山湾にあるとても綺麗な港です。
海王丸は、商船学校の練習船として誕生した帆船で、今はこの港で一般公開されています。

帆を張った画像はこちらのサイトで  海王丸パーク

海王丸パークからは、全長3600メートルの新湊大橋を眺めることができます。

海王丸パーク170320-5

画像に橋げたを支える太い2本の橋脚が見えますが、
その橋脚はエレベータになっていて主橋梁部600メートルは、車道の下が歩道になっていて歩くことができるそうです。

わたしは高所恐怖症なので、渡れませんな…

空気が澄んでいると、上の画像、向うに立山連邦が見えるはずですが、
お天気はよいのにかすんでまったく見えません。
この背景に3000メートル級の立山連邦が見えるとどんなに美しいことでしょう…

ちなみに、富山湾越しにみる立山連邦は、雨晴海岸からがおすすめ  雨晴海岸

ただ、富山県に来るときは、いつも立山連邦を期待して来るのですが、
ハッキリと眺められたことは、数回ほどしかありません 

だからこそ、ハッキリと眺められたときは感動するのかもしれません。

こんな記念碑(?)がありました。

海王丸パーク170320-3

「 The most Beautiful Bays in the World 」

と刻まれています。

説明書きには、

海王丸パーク170320-4

と書かれています。
国内では、富山湾の他に、松島湾(宮城県)、駿河湾(静岡県)、宮津湾・伊根湾(京都府)が加盟しているそうです。

制覇してみたいな 

最後に園内で見つけたもの。

海王丸パーク170320-2

これは、5トンのいかり 
ほかにも巨大なものが展示されてました。



comment (4) @ 県外おでかけ

ブルーベリー

2017/03/19
ブルーベリー170319

今年もブルーベリーの花芽が開いてきました。

去年はどうだったかな…

と思って見てみたところ、
3月14日にこんな感じでした。

ブルーベリー160314

今年の冬の方が暖かかったと思うのですが、
去年の方が、花芽の開き始めは早かったようです。

今年の冬は、立春を過ぎてから寒かったからかな…

今年も、春に花を楽しみ、夏に実を収穫し、そして、美しい紅葉を楽しみたいと思います。

我が家の庭でわたしのいちばんのお気に入りの木です 




comment (2) @ お花

西山動物園(福井県鯖江市)

2017/03/16
レッサーパンダ170316-1

子どもたちが春休みなので、国道8号線を車でひたすら走って福井県に行って来ました。

子どもたちもすっかり大きくなって、娘と息子が交代で運転してくれるものだから、
わたしは後部座席で極楽~~

ありがたや~

コンビニやら、金沢にはない大型スーパーやら途中立ち寄って、
3時間で行けるところまで行ってみました。

そして、たどり着いたのが福井県鯖江(さばえ)市 

そこで道の駅の小さな看板を見つけ、西山公園というところに立ち寄りました。

西山公園170316-2

マリモがいっぱい…ではありません(笑)
これは、全部ツツジの木です。

西山公園は、ツツジの名所らしいです。
この時期でも圧巻だったので、花の時期にはもっとすごいのでしょう。
花の時期に再び訪れたい場所です。

花の時期の様子はこちらのサイトで  西山公園

園内には、西山動物園という小さな動物園があります。
入場は、無料です。

入場は無料なのに、なにげにすごい動物園でした 

冒頭の画像は、動物園で飼育されているレッサーパンダ 

なにがすごいかというと…

レッサーパンダ170316-2

この動物園のレッサーパンダは、もともと中国から贈られた3頭が始まりでした。
それが今ではこんなに…

レッサーパンダ170316-3

これは家系図の一部です。
1枚の画像におさまりきりませんでした 

そして、ここから全国の動物園に、交換や寄贈、貸出がされているのです。

上の家系図一部分だけでも、
広島、徳山、秋田、山口、旭川、釧路、甲府、南紀白浜、愛媛、多摩、岡山、浜松、福岡、姫路などの動物園に、
旅立っていることがわかります。(写っている部分は2000年以前)

今現在も、全国各地の動物園に、初代、シュウシュウ、ケイケイ、パンパンの子孫がいると思われます。

レッサーパンダ170316-4

たまたま行きついて訪れた動物園は、レッサーパンダのエキスパートの動物園でした 

他の動物たちも少しおりましたが、メインはレッサーパンダでした。

しかし、このままいくと、全国のレッサーパンダ、増えすぎませんかね…




comment (7) @ 県外おでかけ

紅梅

2017/03/14
紅梅170314

ポカポカ陽気の昨日に比べると、今日は若干寒さが戻った1日でした。

仕事から帰って来てから、遅い昼食をとって買い物に出かける途中、
桃色の花を見つけて写真に収めました。

ほんわか、甘い香りがしました。

帰ってから、これは梅なのか桃なのか調べたら…
たぶん、これは梅ですね 

花びらが丸いこと、花が1節に1個直接枝についていること、
梅の条件を満たしています。

毎年多くの方のブログを拝見していて思うのですが、
暖かいところの梅は、枝に花がびっしりついているような気がします。

それに比べて、北陸の梅は、花数が少ないような気がします。

暖かい方が花芽がつきやすいのかな…

北陸の梅は、少し寂しくもありますが、
それでもひとつひとつの花が凛としてそれはそれで美しく感じます。

まだまだ花のつぼみはかたい北陸ですが、
今年はこれまでに白梅・蝋梅・紅梅に出会いました。
次はどんな花に出会えるかしら… 




comment (4) @ 風景写真

リュウキンカ咲いた

2017/03/13
リュウキンカ170313

今日は、寒がりのわたしでも、マフラーもコートもいらないくらい気温がぐんぐん上がりました。

外出したら、梅やら、桃?の花やらが目に留まりました。

しばらく前から、いろいろなところでリュウキンカの花を見かけるようになり、
我が家のリュウキンカはいつ咲くのかなぁ…と首を長くして待っていたら、
なごり雪が終わるのを待っていたかのように、1輪、2輪と咲き始めました 

この花を見ると、一気に春がやって来たような気持ちになります。

もともと我が家の庭にはなかったお花ですが、
いつの頃からか、たくさん咲くようになりました。

インパクトのある黄金色の花は、それ1輪だけでも、
庭を明るくしてくれます 


春の花170313

これは、ハコベラに似た花。

ハコベラと違うのは、葉が、毛で覆われています。
これがもしかしてコハコベラ??


我が家の庭も少しずつ春らしくなってきました 

comment (2) @ 日記

続・なごり雪②

2017/03/09
ナンテン170309

今日は、昨日の続きです。

昨日雪の重みで腰が曲がった南天の木ですが、
あれから3時間ほど経った頃、雪も解けて曲がった腰もまっすぐになりました。

水を得た魚のよう  


そしてこちらは、朝、雪をかぶったハナミズキ。

ハナミズキ170309-1

朝、6時40分ごろ撮ったもの。


それが、9時30分ごろには…

ハナミズキ170309-2

こんな感じ 
かなり軽くなりました。

今年は、いつもの年よりも花芽がたくさんついてます。
とても楽しみです  


そして、今年最後のツララ。

ツララ170309

エコキュートの室外機は、冬、よくツララができます。
過去に一度だけ、ツララがファンに巻き込まれて大騒音になったことがあります。
だから日よけをしてあったのだけど。
寒いところにお住いのみなさまはエコキュートの室外機のツララにお気をつけて…

そろそろ、北陸にもほんとうの春がやってくるかな 






comment (4) @ 風景写真

続・なごり雪

2017/03/08
ナンテン170308-1

昨日は、雪が降ったり止んだりした天気でした。
久しぶりに、街の屋根瓦がうっすら雪化粧して綺麗でした。

その後、ひとばん雪が降っていたのか?
今朝は、わたしが住んでいる山沿いでは、少し積雪がありました。

今年は、ひと冬こんなことなかったのに、
最後の最後に南天が雪の重みで腰が曲がってしまいました。

それでも、春の雪。

ナンテン170308-2

踏めば水になってしまうような、ふんわりした雪です。
この時期の雪はどんなに積もっても、雪国のひとの感覚であれば、積もったうちには入りません。

ナンテン170308-3

南天の、内側から。

こんな光景も、また来シーズンまで見れなくなってしまいます。
次回も、続編する予定(笑)



comment (6) @ 日記