ミニトマト

2017/04/29
ミニトマト170429

3月の終わりごろ、カキ殻石灰をまいて少しずつ古土を改良して、
やっとこさミニトマトの苗を植えるまでに至りました。

いろいろ悩んだ末、今年の苗は、ミニトマト「アイコ」に決定 

ミニトマトは驚くほど種類が豊富です。
甘いのが特徴のもの、皮が薄いもの、酸味があるもの、鈴なりになるもの…
決め手は、雨に強いことと収穫期が長いこと。

毎年、プランターの底に、元肥として米ぬかを使うのですが、
わたしの嫌いなミミズが増えるので今年は米ぬかを使うのはやめることにしました。

じっさい、ミミズのいる土の方がいいのでしょうけどね。
そして、ミミズが増えると、不思議なことに害虫のコガネムシがいなくなるのだけど…
タマゴを食べるのかな?(謎)

今年は、土全体にくん炭と腐葉土を混ぜ、ほんの少しだけ底に油かすを入れてみました。
あとは、肥料はなるべくやらず、成長を見て最小限度の肥料をあげて行こうと思います。

上手くいくのかどうか、とりあえず今年は実験です…






スポンサーサイト
comment (8) @ 菜園2017

ワイルドストロベリー

2017/04/27
ワイルドストロベリー170427

久しぶりに菜園の記事を書くことができました。

去年のワイルドストロベリーの鉢が混みあってきたので、
今年は丸い鉢に、5株、新しい鉢に植え替えてあげました。

順調に成長すれば、夏ごろにはまたこの鉢いっぱいに葉が茂ってる予定。

さあ、どうなることやら…



comment (4) @ 菜園2017

朱鷺

2017/04/25
トキ170425-3

漢字で「朱鷺」と書くこの鳥、さて、いったいなんという鳥でしょう…













正解は、「トキ」でした。
トキといったら佐渡(新潟)です。

しかし、鳥インフルエンザなどにより全滅するリスクを考慮し、
現在では、多摩動物公園(東京)、いしかわ動物園、長岡(新潟)、出雲(島根)で
分散飼育されています。
しかし、ほとんどは一般公開されていません。

冒頭の画像は、いしかわ動物園で分散飼育されているトキ。
観察する窓はミラーガラスになっているためトキには人間は見えないようになっています。

いしかわ動物園は、佐渡以外で唯一トキに会える動物園です。

画像は、拡大してトリミングしたもの。
このトキのそばには、もう一羽います。

トキ170425-2

トキの羽は、通常は真っ白です。
朱鷺色というのは、羽を広げたときの内側の色なんだそう。
羽を広げることがなかったので画像はありませんが…

画像で見ると、羽が黒みがかっています。
これは、繁殖期が近いそうです。

トキを見て、第一印象は、
トキって想像してたよりも小さいということ。

全長は、タンチョウが約150センチ、コウノトリが約110センチに対して、
トキは、約75センチです。

タンチョウの半分くらいの大きさなのです。
わたしの見た目、カルガモを少し大きくした感じ。

トキ170425-1

エサを食べてます。

かつて日本でよく見られたという、こういう光景がまた帰ってくる日があるのでしょうか…
現在、佐渡では、放鳥されたトキが、200羽ほど野生で生活しているそうです。

今度は佐渡に野生のトキを見に行きたいものです。

まれに能登にまで出張して来る子がいるようです。
そういう日は、地元紙に大きく記事になります(笑)

いつの日か、また昔のように、日本のどこででも会える鳥になるといいですね。




comment (2) @ いしかわ風景写真

花梨咲いた♪

2017/04/23
カリン170423-1

庭のカリンの花が咲き始めました。
新葉の黄緑の中にピンクの花を見つけるとなんだか嬉しくなります。

今年は暖冬だったのがよかったのか??
今までにないくらい、たくさんのつぼみがついています 

カリン170423-2

実はたくさんなると嬉しいけど…
カリンの実はかたくてお世話大変なので、
花はたくさん咲いても、実は2、3コで十分かな。








comment (6) @ お花

ブルーベリー開花

2017/04/19
ブルーベリー170419

ブルーベリーの花が開花し始めました。
今日はちょっと風が強いので、被写体が動いて綺麗に写真が撮れませんでしたけど…

開花期の短い桜と比べると、花の時期が長いブルーベリー。
長いこと花を楽しんで、長いこと実を収穫して、最後に真っ赤な紅葉を見せてくれます。

もうすぐ開花する花が庭にはもうひとつ。

ハナミズキ170419-1

これはハナミズキ。

咲き始めているようにも見えますが、花びらに見えるところは実は花びらではなく、総苞(がくのこと?)なのだそう。
実際の花は、中心にいくつも集まってできているひとつひとつがそうなんだそう。

また、本当の花が咲いたら、撮影したものを紹介したいと思います 



comment (2) @ お花

ハナカイドウ

2017/04/17
ハナカイドウ170416

週末は暖かく、花吹雪の金沢でした。
散っていく桜は、美しくもあり、もの悲しくもあります。

我が家の庭では、ハナカイドウがの開花が始まりました。

今年は、買った土袋にそのまま苗を植えられる「トマトの土」
というのを買ってミニトマトを植えようかと、
今朝、ホームセンターに行ってみたのだけど、
予算の都合上断念して帰って来ました。

古土を使うにも、足も本調子ではないのでなかなか土の改良も進まず。



そうこうしているうちに、2番手のピンク色のチューリップが開花しました。

チューリップ170416

ワイルドストロベリーやガザニアの植え替えもしたいし、
今年は鉢が小さくなりすぎて花が咲かなかったシクラメンも、
ひと回り大きな鉢に植え替えしたいし…

やりたいこと消化しきれず、どんどんたまっていきます。




comment (8) @ お花

お花見・金沢城公園編

2017/04/13
金沢城公園170413-1

今日は、金沢城公園の紹介です。
ぜひ、いっしょに散歩して行ってくださいね。

金沢城公園は、金沢城があった場所で、兼六園とは、かつては、堀で隔てられていました。
現在は、堀は埋め立てられ、お堀通りと呼ばれる通りになっています。

金沢城公園170413-2

兼六園と金沢城公園を結ぶ石川橋から眺めたお堀通りの景色。
桜でいっぱいです 

兼六園から石川橋を渡ったところが、金沢城の入り口、冒頭の画像の石川門の櫓(やぐら)。
白い瓦は、有名な鉛瓦。

さて、金沢城公園は、少し前までは、金沢城址公園でした。
金沢城は天守をもたないお城で本丸はありましたが、火災でお城のほとんどが焼失してしまっていたからです。

本丸があった場所は今…

金沢城公園170413-5

こんな雑木林になってます。
ここに足を運ぶ人はわずかで、ひっそりとしてます。

平成13年に、園内で復元されていた菱櫓・五十間長屋・橋爪門続櫓が完成して、
金沢城址公園から金沢城公園となりました。

金沢城公園170413-3

こちらは、復元された菱櫓。

お堀(内堀)も復元されています。

金沢城公園170413-4

平成13年に復元作業が完了して、まだ15年ほどしか経ってないので、
兼六園の桜に比べると、まだ風格は備わっていませんが、
何十年後、何百年後には、立派な桜になっているかもしれません。

もうすぐこのお堀も、散った桜の花びらでピンク色に染まりそうです。

花の色は うつりにけりな いたづらに わが身世にふる ながめせしまに   小野小町

散り際になると、この歌を思い出します…

ここまで、シリーズにわたってお付き合いしてくださってありがとうございました。
花見が終わったら、いよいよ、菜園の始まりです!



comment (8) @ かなざわ散歩

お花見・兼六園編

2017/04/12
今年の兼六園のお花見の記事は、「花」より「樹」をテーマに紹介しようと思います。
よかったらお付き合いしてくださいね。

兼六園170412-1

冒頭の画像は、大きく幹が裂け、倒れそうになっている介護状態の桜。
裂けた断面は竹で覆われ、倒れそうになっている幹は太い竹でしっかりと支えられています。

それでも、他の桜に負けじと美しい花を咲かせています。

さて、兼六園は石川県では桜の名称となっていますが、
ほとんどは園を囲むように植えられており、園内はけっして桜が多いわけではありません。

しかし、名桜と言われる桜が何本かあります。

兼六園170412-3

これは、「兼六園熊谷桜」。
去年の記事でコメントいただいて知った桜。

幹だけでも芸術作品のようです。
この桜は遅咲きのようです。

兼六園170412-4

まだつぼみかたしです。

そしてこちらは、「兼六園菊桜」。

兼六園170412-2

説明書きが分かるように大きなサイズで載せてみました。
分かりにくいのですが、看板の真後ろに見える、養生されている樹です。

もともとは、京都御所から前田家に贈られた桜なんだそうですが、
1代目は枯死して、これは2代目なんだそう。

ひとつの桜の花に花弁が300枚以上あるそうで、
一般的な菊桜の倍近くの花弁があるそうです。
この兼六園菊桜は国の天然記念物に指定されているそうです。

京都から贈られてきたということは、京都にはたくさんあるのかな…?

この桜も遅咲きのようです…(残念)


兼六園170412-9

こちらは、「旭桜」。
白山のヤマザクラの1種でこちらも遅咲きのようです。

来年は、遅咲きの桜を見に行きたいものです。
今年も行こうと思えば行けるのだけど…(汗)


そして、兼六園に来たからいちおうこの画像を載せておきます。

兼六園170412-8

「ことじ灯篭」です。
桜を入れたかったのですが、松ばかりです。

兼六園170412-5

曲水のわきに植えられた桜が綺麗です。
例年なら5月に咲き始める花菖蒲も、狂い咲きしている株がいくつもありました。

兼六園170412-6

桜と飛行機雲の競演。
月曜日の金沢は、青空広がり暖かく最高の花見日和でした。

金沢城公園の記事もあわせて紹介したかったけど、時間がないのでまた次回…





comment (-) @ かなざわ散歩

お花見

2017/04/10
兼六園170410-2

今年も、兼六園と金沢城公園のお花見に行って来ました。

去年は夜桜を見に行ったのだけど、今年は昼に行ったので、
去年とはまた違う兼六園の景色を見ることができました。

冒頭の画像は、園内から眺めた桜とまだ雪が残る春の山。

そしてこちらは、白い桜??
花と葉が同時に出てますが…

兼六園170410-1

小さな虫が、ずっと蜜を吸ってます。

そして、花見と言ったら花見団子ですが…

納豆餅170410

兼六園に来たら、これを食べたいです。

花見の時期限定の 「納豆餅」 です。
この時期だけ、しかも、ことじ灯篭の前の奇観亭でしか売られていません。

去年、知人に教えてもらって初めて食べてからファンになりました。

お餅の中にねぎ納豆、表面に甘辛いお醤油が塗られて香ばしく焼かれています。
海苔が巻かれているのでとても食べやすいです。

たくさん写真を撮ったので、また次回紹介したいと思います。
今年は、去年とは違う角度から…

ちなみに去年の夜桜の景色はこちらから… 兼六園 2016/04/07 ・ 金沢城公園 2016/04/08

本日、コメントお休みさせていただきます。



comment (-) @ かなざわ散歩

金沢にも春がやって来た♪

2017/04/08
さくら170408-1

3日前に金沢の桜の標本木の花が咲き始めて開花宣言があったけど、
そのときはまだ桜の花を見かけることはほとんどありませんでした。

2日前もまだほとんど桜の花は見かけませんでした。

ところが、ここ数日、気温が20℃を超える日が続いたからか、
昨日、街中の桜の花が咲き始めました。

まるで、花咲かじいさんの魔法にかかったみたいにいっせいに 

そして今日、金沢市内は、あちこちで桜の花が咲き誇っていました。

画像の桜は、少し高台にある桜。

さくら170408-2

満開に近いようにも見えますが、まだつぼみもたくさん残っています。

そして、わたしの好きなしだれ桜は…

しだれ桜170408

こちらは、まだまだこれからです。

ウグイスの声を聞いたのですが、姿はわかりませんでした。

そういえば、先日朝早く、家のすぐ近くで、ジョウビタキに出会いました。
黒い服にオレンジ色のお腹…
たくさんの方のブログでよくジョウビタキを拝見するのですぐにわかりました。

こんなところでも会えるんだと、すごくすごく感動しました。





comment (8) @ 風景写真